HOME > 三井の森別荘建築とは > 住宅性能について > 屋根材と形状
三井の森別荘建築とは

屋根材と形状

材質

表面が滑りやすい材質のガルバリウム鋼板を採用。落下物が途中で止まることが少なく、落ち葉清掃などの手間が省けます。ガルバリウム鋼板は耐久性も高くメンテナンスが容易です。

形と方向の計画

落葉や積雪などを屋根の途中で止めることなく一気に落とせるシンプルな形状を基本とします。
また、落下方向にサンデッキや玄関などの建築物があると、雨や雪が直撃し痛みが早まります。建物に影響のない落とし場所を計画します。

突起物への対応

屋根に採光用のトップライトを設けた場合、盛り上がった窓の凸部が障害物となって雪や落ち葉が引っかかってしまうので、『ジャンプ台』を設けます。
また煙突も、雪や落ち葉が堆積しがちな場所。頂部から滑り落ちてきた雪を止めることなく落とすため、『雪割』を設けます。

トップライトのジャンプ台

煙突の雪割

  • 基礎工事
  • 木工事
  • 断熱構造
  • 屋根材と形状
  • 設備
  • 現場監理・定期検査
このページのトップへ戻る