HOME > 三井の森別荘建築とは > 住宅性能について > 現場監理・定期検査
三井の森別荘建築とは

現場監理・定期検査

施主の立場で徹底監理

首都圏をはじめ、遠方にお住まいの方が遠隔地に山荘を建てる場合、建築現場の状況を、自ら足を運んで確認することは困難です。三井の森では、現地に常駐しているスタッフが、施主に代わって建築過程を厳格に監理します。
工事着工から引き渡しまで、建築工程に合わせて、独自のチェックシートを活用し、施工者と監理者のダブルチェック体制で、きめ細く検査します。

主な建物検査

工程

検査

着 工 前

縄張り検査

着 工

  • 基礎工事検査
  • 根切り・地業検査
  • ベース配筋検査
  • 立上がり配筋検査
  • 型枠・金物検査
  • コンクリート出来型検査

上 棟

  • 木工事検査
  • 軸組検査
  • 床レベル検査
  • 金物検査
  • 屋根工事検査
  • 防水工事検査
  • 断熱工事検査

竣 工

三井の森竣工検査

お引き渡し

建物完成後の定期検査

“不具合はないか”、“狂いが発生していないか”、建物完成後、施工者と監理者のダブルチェック体制で定期検査を実施します。現地にスタッフが常駐しているので、アフターサービスも迅速・的確に対応出来ます。

  • 基礎工事
  • 木工事
  • 断熱構造
  • 屋根材と形状
  • 設備
  • 現場監理・定期検査
このページのトップへ戻る