HOME > 商品情報 > 風光明媚な家「眺望進化形」
商品情報

商品情報・モデルプラン

風光明媚な家 プランB

眺望進化形

山の頂に話しかけるように、眺望 方向へ向かって広大な開口部が広 がる2LDK。一つの吹抜空間に、 フロアレベルの異なるリビング、 ダイニング、2 階のブリッジを設け、 3 つの目線から変化に富む風景が 楽しめます。屋根、軒、壁を一体 化させたモノフォルムも新鮮です。

推奨プランCGイラスト/展望台のような吹抜空間

八ヶ岳を望む広大な開口部プライバシーを保つ開口部を省いた側面

建物配置図

1 より高い目線から山並を見晴 らせるように、敷地のなかでも 地勢の高い北サイド寄りに建 物をレイアウト。同時に南方向 の開放感が増し、溢れんばかり の採光を確保

■建物断面図

2 居間・食堂・ブリッジ、高さの異なる3つの目線から 風景を楽しむ吹抜空間。室内の至るところから山が 見えるように、眺望方向に開口部を集中。

間取図

3 眺望とプライバシーの両立を考 え、大小様々な開口部を設置。 大きさの異なるフレーム(窓枠) に景色を収められるため、多種多 彩な八ヶ岳の表情が楽しめます。

4 スキップフロアの採用で、食堂は 居間よりも一段高い視線で眺望 を楽しめます。

5 リビングの両脇に屋根付きのサ ンデッキを設け、外でも内でも ない新鮮な空間を創出。窓を開 け放つと3つのスペースが一間 続きとなり、開放感がさらに増 します。

6 爽やかな緑風に包まれるサン デッキに隣接した浴室。バスタブ に浸かりながら八ヶ岳の稜線が 望めます。

◆構  造/木造軸組工法・2 階建
◆延床面積/91.09㎡(約27.55坪)
◆サンデッキ面積/19.87㎡(約 6.01坪)

このページのトップへ戻る
担当設計士 / 酒井 章